第6話「海外企業にとって、手早く拠点を持てるレンタルオフィスはおすすめです。」

Hangzhou Huashe Technology Co.,Ltd.:高木 もえ 様

Hangzhou Huashe Technology Co.,Ltd.の作業イメージ写真

【1】御社の事業内容をお聞かせ下さい。

印刷関連の事業を行っている中国のメーカーの駐日事務所です。印刷業全般とそれに付随する資材の調達・輸出入を行っております。


【2】なぜレンタルオフィスを探していたのでしょうか。

初めての日本進出ということで、マーケティングも含めた事業展開でしたのでとにかくコストを抑えたいと考えました。またスタッフが私一人ということでサポートも必要でした。


【3】ベンチャーデスク銀座の利用を決めた理由はなんでしょうか?

検討は10数件ほど、内見は3件行きました。ホームページを見た印象と実際に見学をしてみて、ベンチャーデスク銀座はしっかりと管理されているだろうという安心感と東銀座で自社ビル運営しているという信頼感がありました。

Hangzhou Huashe Technology Co.,Ltd.の工場外観

【4】実際に利用してみて良かったと思える点は?

立地が良いこと、オフィスが整然としていること、受付の方の対応が非常に良いこと、誰でも利用できる共有スペースがあることです。また、一人で仕事をしていますので外出先でも受付の方が郵便物の受け取りやその後の連絡をタイムリーにしてくださるのでとても助かっております。


【5】今後レンタルオフィスの利用を検討されている海外企業の方へアドバイスをお願いします。

日本で物件を借りるには、保証人が必要であったり法人格が必要であったりとかなり高いハードルがあります。その点、レンタルオフィスは審査や保証人に対して賃貸借契約ほど厳しくないのでスピード感を持って拠点を持ちたい方にはおすすめです。それからマーケティングも含めた進出になる場合は、銀座のアクセスの良さは重要だと思います。



2014年10月30日
ベンチャーデスク銀座