コワーキングスペースとしてのベンチャーデスク銀座

coworking
3階オープンスペースの写真

3階のオープンスペースと会議室。目的に応じてご利用いただけます。

有料の個室会議室の写真

有料の個室会議室(M01・M02)。30分500円の格安料金。

無料の個室会議室の写真

無料会議室(M03〜M05)。4名様でもゆったりスペース。

OAルームの写真

OAルーム。コピー機も完備。

5階オープンスペースの写真

5階のオープンスペースと会議室。

5F-G会議室の写真

5F-G会議室。最大18名が収容可能。

5F-O会議室の写真

5F-O会議室。最大10名が収容可能。

5F-Y会議室の写真

5F-Y会議室。最大12名が収容可能。

地下1階オープンスペースの写真

地下1階のオープンスペース。休憩所としてお食事も可能。

丸高ビル玄関の写真

丸高ビル玄関。警備員が常駐しビル内を巡回しております。

ドアパスモの写真

各入り口には”ドアパスモ”で入室制限。安心してご利用いただけます。

まず、コワーキングとは、オープンスペース、会議室などを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルの総称のことをいいます。

近年ではインターネット、様々なソーシャルメディアツールの普及、デジタル端末の発達の影響で、オフィスでなくとも、自宅やカフェなど、場所に捕われず働くスタイルが増えてきました。

ただし、自宅やカフェで働きつづけることへの孤独感、集中力の低下、十分な電源やインターネット環境の確保をすることが難しいことから、コワーキングのような新しい働き方が生まれました。

コワーキングは独立して働きつつも、価値観を共有する利用者同士のグループ内で、社交や懇親が図れる働き方であります。単純にオフィス賃貸にかかるコストの削減や利便性といったメリットだけではなく、才能ある他の分野の人たちと刺激し合い、仕事上での相乗効果が期待できるという面も併せ持ちます。

コワーキングが行われる環境をコワーキングスペースと呼ばれ、各個人が独立して働きながらも、アイディアを共有したり、情報交換を行うことでビジネスとしての相乗効果を生み出すコミュニティスペースとしての役割を果たしています。


ベンチャーデスク銀座は実はレンタルオフィスとコワーキングスペースのイイトコ取り!

今でこそ「ノマド」「コワーキング」という働き方が増えてきましたが、東京・銀座でベンチャーデスク銀座のサービスが開始された頃は、まだこの種の働き方は世間一般には浸透しておりませんでした。ですが、当時から既にベンチャーデスク銀座では、ベンチャー起業家・利用者同士の交流、相乗効果,ビジネスコラボが行えるコミュニティ形成の場としてのオフィス作り、機会の提供を続けて参りました。レンタルオフィスとコワーキングスペースのイイトコ取りであるベンチャーデスク銀座は、実はコワーキングスペースのさらなる進化系なのかもしれません。

オープンスペース14テーブルをご用意!

会議室ならセミナー・イベント開催など多目的スペースとして利用可能!

フリーデスクやグループデスクプランでも共働作業が可能!

高速インターネット、Wi-Fi完備!

コピー・FAXなどのオフィス機能を揃ってる!

会社登記も可能!

会員同士のビジネス交流・コラボも!コミュニティ形成にも最適!

警備員も24時間常駐でセキュリティも万全!

ビル1階にはデニーズがあるからコーヒーのデリバリーも可能!


フロアマップ




2018年11月8日
ベンチャーデスク銀座